arhotabaとうちのクルマ » 人気の自動車保険

人気の自動車保険

自動車保険としては、最近は「イーデザイン損保」が人気です。
イーデザイン損保はネットから申し込みができる、という便利さに加え、「安め」であることや「走った分だけ」の保険料という料金体系が人気を博している理由です。

また東京海上グループの保険であるため安心できる、というのも良い点でしょう。
ロードサービスや自己対応についての満足度も高く、今では満足度が94%にも及ぶようです。

次に人気の自動車保険としては「ソニー損保」があります。
ソニー損保も「走る分だけ」の料金体系をとっていますが、イーデザイン損保と違うのは「先に走る距離を指定する」ということ。

イーデザイン損保は走った後に距離を考える仕組みとなっていますが、ソニー損保は年のはじめに一年間に走る距離を指定することで保険料を抑えることが出来る、という仕組みになっています。
また、ソニー損保についても非常に満足度が高いのが特徴的です。

今自動車保険ならこの「イーデザイン損保」と「ソニー損保」が凌ぎを削っています。
人気に裏付けされている分、これらは選んで損のない自動車保険だと思いますよ。

面倒だけどしっかりした査定が取れる

車を売る際に必要なこととして、買取業者の査定を貰う必要があります。
この作業がとても面倒と言われていて、色んな業者から査定を取らなければ理想の買取が出来ないのです理想の買取を実現するために、私は一括査定サイトを利用しました。

このサイトを利用して複数の業者から査定を貰えば、確実にいい買取が実現できると思ったからです一括査定サイトですぐに査定を貰うことは出来ません。
車の状態を見なければ業者も査定を出せないからです。

必要な業者を選択して後は連絡を待つだけで査定依頼は完了します査定は自宅に訪問して行います。
私も空いている時間に来てもらいました。

短時間でしっかりと車の状態を確認してくれるのは助かります。
査定は思ったよりも高い金額を提示されました査定を貰ってすぐ買い取り手続きをすることはしません。

他の会社の車査定を見てから考えればいいので、その日は査定だけで帰ってもらいます。
これを他の業者でも繰り返して、査定を比較することが大切なのです当然ですが、業者の対応の良さもこの時見ています。
車無料査定ならこちら

悪い業者は挨拶1つ取ってもいい感じを受けません心から信頼できる業者を見つけるのも一括査定を使うメリットだと思います。
査定と下取りどちらかで迷っているならこちらから

オートマチック車の乗るのが怖いマニュアル免許保持者の話

クルマといえばマニュアルとオートマですよね。
自分は親父から「男ならマニュアル」と押し付けられてマニュアルを取って、家の持ち車もマニュアル一辺倒。

バイクも免許取りましたが、オートマのビッグスクーターが欲しいかったのもかかわらず、クルマがマニュアルだったのでオートマだと面倒かなと思い、自動二輪免許もマニュアル。
購入したバイクもマニュアルになってしまいました。

しかも余りクルマそのものに興味がないため、いまだにオートマの仕組みについてよくわかっていません。
会社のクルマがオートマで本当に困るときがあります。

できるだけ乗らないように逃げてはいるんですが、どうしても乗らなければならないときがあるともう恐ろしいです。
レバーのこのマークは何なんなんだとか、なんでクラッチがないんだとかで恐怖を覚えてしまいます。

坂道もなんだか怖くて教習所に通っている気分。
会社の先輩達には、オートマの場合は限定解除しなければならないからマニュアルには乗れないが、普通はマニュアルの免許持ってる人がオートマを怖がるのはおかしいと笑われる始末。

そもそもクルマの運転自体が下手なのかもしれないのですが、マニュアル車に乗れる人間なのにオートマの変化についていけなくて今も困っています。

小さい車でのドライブは大変でした

私は以前軽自動車に乗っていました。
その車はダイハツのムーブなのです。

その車が好きで、一目ぼれをして買ったのです。
小さいので、友人と四人で乗ったらもういっぱいなのです。

荷物を載せるスペースもありませんでした。
でも私はドライブが好きだったので、よく友人と四人でドライブへ行っていたのです。

小さいので高速道路では抜かれます。
坂道でもスピードがあまり出ません。

イライラする事もありましたが、それも結構楽しかったです。
湖を見に行ったり、海へも泳ぎに行きました。

そして遊園地には結構行っていたのです。
車の中では大騒ぎでみんなで歌を歌っていました。

寒い時でも、四人も乗っていると温まったものです。
私は運転が好きだったので、いつも運転する側でした。

運転も上手だと言われていたので、どんな狭い道でも走っていたのです。
そしてどんな危ない道でも、全然平気だったのです。

とても楽しいドライブもいっぱいしました。
大変な事のほうが多かったですが、友人といると何でも楽しかったのです。

そんな思い出がありました。
今では大きな車に乗っていますが、あの頃を思い出すととても懐かしいのです。

今でもたまに走っているのを見かけると、また乗りたくなるのです。

 

2015年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031