arhotabaとうちのクルマ

うちのクルマの話し

自動車保険としては、最近は「イーデザイン損保」が人気です。
イーデザイン損保はネットから申し込みができる、という便利さに加え、「安め」であることや「走った分だけ」の保険料という料金体系が人気を博している理由です。

また東京海上グループの保険であるため安心できる、というのも良い点でしょう。
ロードサービスや自己対応についての満足度も高く、今では満足度が94%にも及ぶようです。

次に人気の自動車保険としては「ソニー損保」があります。
ソニー損保も「走る分だけ」の料金体系をとっていますが、イーデザイン損保と違うのは「先に走る距離を指定する」ということ。

イーデザイン損保は走った後に距離を考える仕組みとなっていますが、ソニー損保は年のはじめに一年間に走る距離を指定することで保険料を抑えることが出来る、という仕組みになっています。
また、ソニー損保についても非常に満足度が高いのが特徴的です。

今自動車保険ならこの「イーデザイン損保」と「ソニー損保」が凌ぎを削っています。
人気に裏付けされている分、これらは選んで損のない自動車保険だと思いますよ。

面倒だけどしっかりした査定が取れる

車を売る際に必要なこととして、買取業者の査定を貰う必要があります。
この作業がとても面倒と言われていて、色んな業者から査定を取らなければ理想の買取が出来ないのです理想の買取を実現するために、私は一括査定サイトを利用しました。

このサイトを利用して複数の業者から査定を貰えば、確実にいい買取が実現できると思ったからです一括査定サイトですぐに査定を貰うことは出来ません。
車の状態を見なければ業者も査定を出せないからです。

必要な業者を選択して後は連絡を待つだけで査定依頼は完了します査定は自宅に訪問して行います。
私も空いている時間に来てもらいました。

短時間でしっかりと車の状態を確認してくれるのは助かります。
査定は思ったよりも高い金額を提示されました査定を貰ってすぐ買い取り手続きをすることはしません。

他の会社の査定を見てから考えればいいので、その日は査定だけで帰ってもらいます。
これを他の業者でも繰り返して、査定を比較することが大切なのです当然ですが、業者の対応の良さもこの時見ています。

悪い業者は挨拶1つ取ってもいい感じを受けません心から信頼できる業者を見つけるのも一括査定を使うメリットだと思います。

タクシー専用モデルとして開発されたクルーは、日産自動車が手がける高級セダンです。
デビューは1993年で、翌年には自家用モデルの「クルー・サルーン」が登場しました。

また、パトロールカー仕様が追加されたり、パトカー仕様の代替として使用されたり、2009年に絶版となるまで様々な分野で日本の社会を支えてきました。
外観はこれぞセダンとも言わんばかりのデザインで、高級車でありながら、日本に馴染み深い昔ながらのベーシックなエクステリアです。

角ばったボディは主張しすぎないシンプルで好印象なフォルムを演出し、乗る人を選びません。
インテリアもさりげない高級感が漂い、凝らないデザインが日常使いにちょうどいい空気を醸し出してくれます。

広い頭上スペースとゆったりとした足元で、室内はリラックスできる空間を演出してくれるので、長時間のドライブでも疲れにくい造りとなっています。
ワイドに設計されたトランクは使い勝手がよく、余裕のスペースで大容量の荷物が積載できます。

また、エンジンやトランスミッションの高度なメカニズムは、高級車ならではの快適な走行をもたらしてくれます。
優れた剛性ボディに加えハンドリングもしやすいため、運転初心者でもスムーズな運転が可能です。

世界最強市販戦車『マローダー』でマクドナルドのドライブスルーを利用する映像が話題となっています。
マローダーとは民間人が所有できる車の中で最も強固な車と言われており、まさに最強市販戦車という名に相応しい代物です。

なんと窓ガラスの厚さは9センチ、これはロケット推進擲弾の攻撃も防ぐことができるとのこと。
普通に生活している上では全く必要のない機能ですが、これなら紛争地域も楽々走破できてしまいそうですね。

そんなマローダーを使っていろいろなことをやってみようという企画のテレビ番組がイギリスで放送されたのですが、その一場面がマクドナルドでのドライブスルーに挑戦してみるというものだったのです。
ヨハネスブルグの街でやりたい放題、一般道を走ってみるだけでも現実離れした威圧感です。

窓は開けることができないので、そこにある丸い穴を開きドライブスルーのやり取りをすることになります。
店員は注文品をその穴に背伸びしてつっこんでいました。

ちなみに注文は車載マイクで行います。
その後サファリパークでライオンに乗られたりとなかなかおもしろい内容になっているので、興味がある人は見てみてはいかがでしょうか。

世界のおもしろドライブスルーは想像以上にたくさんあります。
中には私たち日本人にとってはおもしろくても現地の人からすれば当たり前の光景もあるでしょう。

たとえば馬車で利用できるドライブスルーです。
馬車の利用がさかんな地域では当たり前の光景のようです。

若者の間ではりぼての車を作ってドライブスルーが利用できるかという遊びが横行したこともあったようですね。
これは一度見てみるとおもしろいかもしれません。

ドライブスルーといえばファストフード店の印象が強いですが、日本初と思われるドライブスルーは海苔屋さんのものでした。
その役員が本場アメリカの車社会を目にしたのが導入のきっかけだったそうです。

今や世界にはたくさんのドライブスルーがあります。
銀行までドライブスルーで利用できてしまうのです。

セキュリティはしっかりしているそうですが、なんとも驚きですね。
日本も負けていません。

日本には世界初となるメガネのドライブスルーがあります。
おもしろくありませんか。

利用者はメガネを選んで試着をし、商品を受け取るまでをドライブスルーでできるのです。
度入りなど特殊な条件がなければそのまま商品を受け取れます。